育児日記 in Finland
by anzudiary
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
北欧に暮らす姉妹の
     成長の記録

長女:杏菜(あんな)
次女:莉愛(りあ)
父(フィン人)
母(日本人)
Mダックス犬 ♂

杏菜0-3歳の記録
Anzu Diary
カテゴリ
全体
杏菜
莉愛
姉妹
レノ
イベント
日本滞在
旅行
日常
お友達
お出かけ
母の自由時間
父の手作り
オモウコト
未分類
以前の記事
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

二人仲良く・・・

b0109289_15413086.jpg

土曜日に莉愛が40度の発熱。そして、翌日の日曜日に杏菜が38.5度の発熱・・・

今日は月曜日ですが、杏菜は保育園お休みして、二人仲良くパジャマ・デー。朝の体温、二人ともそろって38.3度。即、杏菜は飲み薬、莉愛には座薬!

この写真の莉愛ちゃん、ヌボーっとしてるなぁ。やっぱり辛いんでしょうね。抱っこしてると、湯たんぽでも抱いてるような気分になります。それでも、トコトコ歩き回ってる時もあるんですが・・・(昨日の40度に比べたら、ラクなのかも?)ちなみに、食欲はあるようなので、大丈夫でしょう。

杏菜は、比較的元気でハキハキと話すんで、本当に具合が悪いの?と思ってしまう感じ。でも、いつもは昼寝をしたがらない杏菜が、昨日は自分からパジャマを着てベッドに向かったので、やっぱり辛いんでしょう・・・こっちの方が、食欲なさげで、心配・・・

子供が熱を出して辛そうな姿を見ると、かわいそうで、思わず変わってあげたいと思ってしまうけど、私が風邪で子供たちが元気なのはかなり厳しいので、やっぱり子供の風邪の方がいいかな・・・(ひどい母・・・笑)

早く治りますように・・・


そういえば、昨日(10/28)冬時間に戻りました・・・日本との時差は7時間です。
今朝、Jukiが目覚ましで5時半に起きたつもりが、本当の時間は4時半!
やられたーっ!(Juki談)
まだ家のどこかに夏時間の時計が潜んでいるかも・・・


<追記>
10月30日朝、杏菜・莉愛共に熱は平熱に。でも、念のため杏菜は保育園を休んでいます。
一先ずはホッ・・・と思いきや、莉愛の顔と体中に発疹が!これは何だ?しかも、夕方また37.5度に・・・今日は抱っことねんねの繰り返し。元気ないし・・・

もし発疹・熱が続くようなら、明日病院へ行った方がよいのかも・・・(って、まだ行ってなかったんかい?!と突っ込まれそうですが・・・)
[PR]
by anzudiary | 2007-10-29 15:57 | 姉妹

杏菜のフィン語、大丈夫?

b0109289_1534421.jpg

毎週水曜日に行っているスピーチセラピーですが、先週は「杏菜のフィンランド語能力について、お父さんとお話したいから」と、Jukiが呼び出されました。

で、言われたことを少しあげると・・・

■杏菜の単語数は、驚く程少ない。そして、基本的な単語が抜けている・・・

単語量に関しては、外国人の私には見極められないので何も言えないけれど、例としてあげられた単語が「talo(建物)」「sieni(きのこ)」など・・・家で聞いてみたら、いくつか言える物もあるんだけど、どうやって確認したんだろう?ちょっと疑問・・・まぁ、少ないことは事実ですがね。

■心理カウンセリング

「心理カウンセリングを受けさせてみた方がいいかもしれません」

ん??なぜ心理カウンセリング?セラピストの考えでは、杏菜の記憶力は非常に低いらしい。原因があるのなら、カウンセリングで発見できるのでは?という理由らしいけれど・・・

確かに、時々大丈夫か?と思うことはある。でも、好きなことはちゃんとすぐ覚えるし、時間はかかってるけどひらがなも覚えてきてるので(まだ書けないけど・・・)、集中力がないだけなのかなぁ?と私は思っているんだけど、どうなんだろう・・・

でも、フィンランド語の理解力が低いのが問題なのに、カウンセラーの質問にちゃんと答えられるのかな?素朴な疑問・・・

■同じ年の子と一緒に卒業できる?

杏菜のフィンランド語を通常レベルに上げるには何年もかかるとこと、そして、ちょっと驚いたのは、Erikoiskoulu(special school)へ行き、その後で1年生を2回、もしくは2年生を2回受けることになるかもしれないということ・・・ ってことは、7年、Erikoiskouluを含めたら8年も小学校に通わせるってこと???それとも、他の子が普通のEsikoulu(プレスクール)へ行っている間に、杏菜はErikoiskouluへ行くってこと?

えっ?そんなに悪いんですか、杏菜のフィンランド語?!

なんか、わけがわからない・・・いろんな選択肢があるってことだろうけど・・・近所にADHDの子供がいて、近所の小学校には馴染めず、タクシーで隣の自治体の小学校に通っている。(タクシー代は国の補助)ちなみに、フィンランドの小学校は、結構留年があるらしいし・・・

Jukiは「授業についていけなくて、学校へ行きたくない状態になるよりも、スタートは遅くても、確実に授業についていける位のフィンランド語を身に付けさせた方がいい」と考えているらしい。でも・・・と悩んでしまうのは、私だけ?

近所の学校へ行った時にみんなについていけるよう、今セラピーに通っているのに、たった数回でこんなことを言われるとは・・・正直ビックリ。あくまでも可能性なのかもしれないけれど・・・

杏菜、大丈夫かなぁ・・・
[PR]
by anzudiary | 2007-10-28 00:49 | 杏菜

バレエで夢の中♪

b0109289_6275126.jpg
義父母に娘たちをお願いして、ヘルシンキのオペラ座(Ooperatalo)にてバレエ『ジゼル』を鑑賞♪

今回バレエを見に行くのは5回目。
素人の私が感想を書くと『ステキ~♪』としかならないので、あまり書かないけれど(笑)
一幕のジゼルが狂気の場面では息を呑み、二幕の幻想的なウィリーの世界にうっとり・・・と思いきや、ヒラリオンやアルブレヒトを追いかけまわすウィリー達、怖くてちょっとドキドキ・・・(^_^;)って、単純?

とにかく、生のオーケストラもいいし、夢の世界にどっぷり入り込んで、楽しむことができました。やっぱりクラシック・バレエ(あっ、ジゼルはロマンティック・バレエ?)っていいなぁ~♪
また行くぞー!次はJukiに娘たちの面倒をお願いしようかな。あっ、いつかは娘達と3人で観に来るっていうのもありだなぁ~、お父さんはお留守番で!

そうそう、杏菜も莉愛もいい子でお留守番してくれたようで、私達が家へ着いた時(22時)には夢の中でした(^^)



えー、ちょっと最後に愚痴を・・・

実はご近所さんのKさん夫妻と一緒に観に行ったのだけれど、帰り道Kさんの車の中で流れる音楽はロック?ヘビメタ?どうやらご主人の趣味らしい・・・

耳が痛くなる程の大音量のロックのせいで、バレエ・オーケストラの余韻がすっ飛んでしまった・・・途中で奥さんが無口になった私に気づいて、ボリュームを下げるように言ってくれたけど、時すでに遅し!もうリセット状態。

もーっ!今日は幸せな気分で眠りたかったのにぃーーっっ!

私の余韻を返せーーーーーっっ!!!

はぁ~、赤字にしてみたら、ちょっとだけすっきりしたかも(笑) でも、まるで愚痴を書くために書いたみたい。
[PR]
by anzudiary | 2007-10-26 19:00 | 母の自由時間

初冬のお散歩

b0109289_1945579.jpg

最近ぐっと寒くなってきました。時にはマイナスになるほど・・・まだ10月なのになぁ。
でも、空気がきれいだったので、みんなでお散歩♪

b0109289_19502265.jpg

見てるだけで寒そうな葉っぱ・・・

b0109289_1952513.jpg

木に登る杏菜。昔木から落ちた経験があるので、どうしても落ちやしないかドキドキしちゃうんですよねぇ・・・

b0109289_19542223.jpg

片や地面に張り付いてる莉愛。こっちの方が、母としては安心して見てられる。

b0109289_1956271.jpg

晴れているからといって、暖かい日・・・というわけではないんですよねぇ、冬は。

b0109289_19583791.jpg

杏菜さん、氷を壊すのに夢中!足ぬれちゃうよー!
[PR]
by anzudiary | 2007-10-24 20:01 | 日常

マリーちゃんとスティッチ

b0109289_1450818.jpg

時々こんな風にマリーちゃんになりきる杏菜と、スティッチが何かもわからないまま母や姉に耳をつけられ、それでも結構うれしそうな莉愛・・・

一生懸命ネコになりきる杏菜と、天然でいたずら好きの莉愛・・・

見てると結構面白いです。

b0109289_14524124.jpg

りあちゃん、キャラ的にもぴったりだよ(^^)

b0109289_14532128.jpg

「あのね りあちゃんがしっぽ ひっぱったの~!」
[PR]
by anzudiary | 2007-10-24 14:57 | 姉妹

映画「マリと子犬の物語」

お父さん、ネットでこんな映画を見つけました。12月8日公開だそうです。もう知ってるかな?

『マリと子犬の物語』

************

この映画の舞台になった山古志村は、父の故郷。2004年の新潟県中越地震で大きな被害にあった場所。地震の半年前に親戚と旅行へ行っただけに、地震のニュースを聞いた時は驚いたし、旅行時に地震が起こっていたらと思うとぞっとした・・・その地震があった時の実話を映画化したらしい。

古志の里―中条均紀写真集 (1)
中条 均紀 / / アートヴィレッジ
ISBN : 4901053329
スコア選択:

子供の頃は、何もなくて、知っている人もいなくて、全く興味がなかった。行ったことあったっけ?と自分でも疑うほど記憶はなく、小・中学生の頃は、父が行こうと言っても、「つまんないから行きたくない!」と母の実家に残った。でも、自然を美しいと感じられる年齢になって、どうして父が山を好きなのか、私たちを連れて行きたかったのか、少しだけわかった気がする。(昔、ウェールズで「山だ!ほら、山だぞー!」って言われても、ちっともその良さがわからなかった、ひどい娘です・・・そういえば、今も山の一つもない国に住んでるし・・・)

以前叔母からもらった写真集を見て、この場所が地震によって壊されてしまったのかと思うと残念で仕方がない。

映画を通して、どんな風に感じるのかな?映画館へは足を運べないけれど、DVDが出たら、杏菜やJukiにも見せてあげよう。(杏菜は行ったことなんて、覚えてないだろうけど・・・)
[PR]
by anzudiary | 2007-10-24 14:15 | 母の自由時間

またまたこんなことに・・・

b0109289_1912360.jpg

以前前髪を切って、日本の父に「俺の杏菜が~!!」と言われたことがありましたが、またまたこんな状態に・・・

でも、表情を見てわかる通り、杏菜は「かわいい♪」とご満悦。小学生になったら、ちゃんと美容院へ連れて行ってあげた方がいいかもしれないなぁ、前髪だけでも・・・

さて、話は変わりますが・・・
歌をよく歌う杏菜ですが、歌詞やリズムはめちゃくちゃ。しかも音痴。まぁ、仕方ないでしょう・・・

で、杏菜さんの歌をちょっとご紹介。

“  てんてん てんとうむし かたつむり
   おまけの~~~(解読不明)こんにちは~
   ぼっちゃん いっしょに あそびましょ~   ”

これは、何の歌?(苦笑)
[PR]
by anzudiary | 2007-10-18 19:16 | 杏菜

顔で笑って、心で泣いて・・・

b0109289_4334455.jpg

カメラに愛想を振りまく姉の後ろで、背後霊のようにいたずらする妹・・・

b0109289_4265513.jpg

痛くても我慢して笑顔の姉、振り払われても引っ張りまくる妹・・・

b0109289_4294410.jpg

姉「もう!いいかげんにしてよねーっ!」
妹「でへへ~~♪」
姉「おかーさん!りあちゃん、あっちいってーっ!(あっちへ連れてって)」

一緒に遊んでても、いつもこの言葉で助けを求められてます。多少のことは、姉が我慢しなきゃいけないんですよね。がんばれ、杏菜!

b0109289_4181376.jpg

でも、けんかしても少し時間がたてば仲直り。すぐに、二人で椅子に座ってコンピューターでTV鑑賞・・・まぁ、この程度はけんかに入らないけど・・・
[PR]
by anzudiary | 2007-10-16 04:44 | 姉妹

スピーチセラピー

b0109289_10514691.jpg

保育園の先生から「フィンランド語が少し遅れている」との指摘を受け、9月から杏菜は週1日スピーチセラピーに通っています。フィンランド語では「Puheterapeutti puheterapia」。

最初の回は「長い文になると、理解できないらしい」と言われたけど、今日で3回目、少しずつ弱点が見えてきたように思います。というか、5歳児が話す・理解するレベルというのがわかった・・・って感じかな。例えば・・・

・比較級・最上級(より大きい-1番大きい/isompi-isoin)
・序数(1番、2番・・・/ensimmainen、toinen・・・)
・~の前、上、下、後ろ、間・・・(tuolin edessa:、pa:a:lla:、alla、takana・・・)

これらが理解できてないから、文を聞いてもわからないらしい。う~ん・・・これは日本語も怪しいなぁ・・・日本語に関して言えば、「話してくれるようになっただけでも進歩!」と思っているけど、この国でフィンランド語は必須の言葉。やっぱり「これが、5歳児が理解していなければいけないレベル」と示されると、不安がよぎる。たとえ「2ヶ国語の子供は遅い」と言われてても、学校の授業ではそんなこと関係ないわけで・・・大丈夫だろうか、杏菜・・・

ちなみに、今日のテストの結果、平均40点のところ、杏菜は確か28点・・・

でも、こればかりはあせっても仕方ないので(なんか、自分に言い聞かせてる感じ・・・)、Jukiにがんばってもらいます。だって、私はフィンランド語で話しちゃいけないし、教えるなんて持ってのほかだし。学校が始まるまでに、みんなに追いついてくれればいいんだけど・・・

b0109289_11124338.jpg

さて、写真はスピーチセラピーの帰りに寄った公園。二人の格好、まるで冬突入です・・・(天気予報で、金曜日辺り雪が降るかも・・・なんて言ってました。やだーっ!)
ちなみに、この遊具こんな感じです↓

b0109289_11132041.jpg

最初は見てる私がドキドキしてたけど、結構落ちないもんですねぇ。

b0109289_11142133.jpg

もちろん莉愛も一緒。滑り台をのぼろうと必死。

b0109289_11151191.jpg

「さあ、こい!」

b0109289_11182398.jpg

それにしても、二人と一緒に公園へ行くと疲れる・・・杏菜は「おかあさん、一緒にやってー!」って言うし、かといって莉愛から目を離すと、動いてる遊具に突っ込もうとしてるし・・・未だに二人同時に面倒見ることに慣れてないダメダメな私・・・


** 訂正 **

Jukiと何気なく話していたら、勘違いして覚えていることに気づきました。

スピーチセラピーは「puheterapia(プヘテラピア)」、スピーチセラピストを「puheterapeutti(プヘテラペウッティ)」というようです。
[PR]
by anzudiary | 2007-10-11 11:40 | 姉妹

ミシンでレッスンバック

b0109289_4233556.jpg

ふと思い立って、レッスンバックを作りました。

ミシンと格闘の末、なんとか完成!やればできるじゃん、私!と自画自賛♪
でも、よーく見ると、縫い目はガタガタだし、ポケットの生地は横縞にする予定が縦縞になってるし、サイズは思ったよりも小さいし・・・でも、杏菜には十分でしょう!

b0109289_427172.jpg

b0109289_4402277.jpg

案の定、ノリノリでモデルになってくれました(^^)飽きずに使ってくれるといいんだけど・・・

これからは、もっとまめにミシンで何か作りたいなぁ~。やっと直線縫いもできるようになったし。(って、レベル低すぎ・・・)


関係ないですが、今日突然知らない番号から電話があって、おそるおそる出てみたら、Jukiの日本語講座の先生からでした。しかも、授業中で、会話はスピーカーで全生徒(Juki含む)が聞いてると・・・えーっ!?ちょっと突然過ぎて、ドキドキしちゃいました。
少し日本語とフィンランド語で話をしたけど、帰ってきたJuki曰く「後ろで莉愛が叫んでて、ほとんど聞こえなかったよ」だそうです。なーんだ、ドキドキして損しちゃった(笑)
[PR]
by anzudiary | 2007-10-10 04:37 | 母の自由時間